うつ病の歴史

これまでのうつ病の歴史と変遷

うつ病は、自分でも原因がはっきりしないのに、気分が落ち込み、思うように行動ができなくなってしまう病気です。発症には様々な原因があるとされていますが、ストレスが大きな原因の1つと言われています。 昔は本人の気力次第で治るし、やる気がないだけと捉えられていましたが、ストレス社会の影響でうつ病患者が増えたことにより、社会的認知度も高まりました。 今では、うつ病患者は頑張らないのではなく、頑張れないのであり、励ましてはいけないということを大半の人は知っていると思います。励まされることでますます病状が悪化し、自殺に発展してしまうケースもあります。しかし、現在は中には励ました方が良いタイプの患者もいると言われるようになっています。

周りの人の正しい接し方

うつ病は体ではなく心の病とされています。そのため、家族や職場の同僚など、周囲の人との接し方がとても大切になりますが、その反面とても難しくもあります。 まず接し方として大事なことは、患者の生き方や対処方法を変えないということです。例えば、死にたいと言う人にそれを止めるような発言をしたり、アルコールに依存している人に飲酒をやめるように言ったりすることは逆効果です。矛盾しているようですが、その行動をやめさせたいのであれば、まずは無理矢理変えさせないことが原則です。患者と心を結ぶまでは、この接し方の原則に従う必要があります。 また、患者は今の自分の辛さを分かってもらいたいと思っているので、ゆっくりと話を聞くことも大切です。その中で、今のままで良いと言ってあげることが必要な接し方になります。