うつ病の本質

励ましてはいけないのはなぜ

会社の同僚や友人や家族、もし身の回りでうつ病になられた方がいたら、どういう接し方をすれば良いのでしょうか。 うつ病の方を決して励ましてはいけません、という事を聞きますが、なぜなのでしょう。周囲の人間からしてみれば、励ましたい、勇気付けたいと感じるのは当たり前のことですから、戸惑ってしまいます。 まず励ますという行為は、うつ病の方からしてみれば精神的ストレスと戦っていた状態の時に、戻らなくてはならないような気持ちになるのです。 でも今の自分では、そのような気持ちには到底なれないので、そんな自分には価値がないと考えてしまいます。情けない気持ちになって自己嫌悪に陥る、という結果になるのです。 うつ病の方との接し方で、励ましてはならないと言われるのは、このようなことからなのです。

本質を理解して信頼関係を結ぶ

励ましの言葉を言わないように気をつけていたとしても、うつ病の方はその他の言葉や態度から、自分への期待感を敏感に感じ取ってしまうものです。 元々周囲の期待に応えようと、真面目に頑張り過ぎてうつ病になってしまった方なので、その気配にはとても敏感です。 焦らずゆったりとした気持ちで、うつ病の方との接し方を心がけましょう。 やはり、小手先や表面的な接し方ではなく、本当の信頼関係を新たに結ぶ気持ちで臨まなければなりません。 道のりは長いという覚悟と、本当に支えるのだという気持ちが必要になってきます。 うつ病に本気で関わる場合、うつ病の方と共にうつという病気の本質を理解していくことが、大切な事のひとつではないでしょうか。