うつ病の接し方

環境が原因で発症する場合

日々、同じ事の繰り返しのなか何気ない一言が原因で誰もがなる可能性のある病気にうつ病があります。熱中する仕事が区切り良く終わった時や、趣味が楽しく感じなくなった時、誰かに追い詰められ続け解決したように見えた時など、日常生活の中に原因はたくさんあります。また、接し方にも問題があるようです。同じ状況下でもストレスの感じ方は人それぞれ違います。そのストレスの感じ方の違いがうつ病を気付かせるのに送らせてしまう場合もあるわけです。うつ病になりやすい人の傾向は、責任感が人一倍強く、気付かないうちに追い込まれていくタイプではないでしょうか。それを知らず、一方的な接し方をしていると心は知らずして病んでいくのです。うつ病は、目で見て気付かない心の病です。接し方が本当に大切で、接し方一つでどんどん病へと導いてしまいます。

接し方で心が軽くなるうつ病

うつ病の別名は心の風邪とでも言うのでしょうか。適切な治療をしていると時間はかかるかもしれませんが必ず快方にと導きかれます。周りの人は患者さんに合った接し方をしてあげるのが良いでしょう。負担をかけない接し方です。うつ病の人は周りからみると怠けているように見えてしまう事が多々あります。でも、患者さんは今出来る範囲で一生懸命取り組んでいるのです。そこを認め優しく接してあげてください。間違っても、傷つくような言葉は控えましょう。一番のマイナスな言葉は、頑張れです。患者さんは頑張っているのです。傷のように目に見えない病と闘っています。だから、共感をしてあげましょう。頑張らなくてもいいのだと優しく声かけをしてあげてください。きっと、ホッとされ心が回復してくるでしょう。完治までの時間はまちまちですが必ず良くなります。あせらず一歩一歩前に前に進むことを考えましょう。

うつ病はとっても敏感な心の病です

現代人特有の病気として周知されているうつ病ですが、うつ病を発症してしまった人が身近にいる場合は接し方に悩んでしまう場合があるのではないでしょうか。 うつ病の場合は感情の起伏が激しくなっているといっても、記憶力が低下しているわけでも、感受性が鈍っているわけでもないので明らかに距離を置いた対応は逆にうつ病を患っている人を傷つけてしまうので、うつ病の人と接する機会があってもあからさまに距離を置いた接し方は厳禁です。 ある程度の付き合いをしていく必要性がある場合は、言葉と仕草を選びながら他の人変わらない扱いをしてあげましょう。 特に、自分はたいした言葉だとは思っていなくても、うつ病の人に言ってしまったらとても傷ついて尾を引いてしまうことがあるので気をつける必要があります。

接し方は違和感を感じないように

うつ病の人は自分で付き合っている相手や一緒にいる友人、そして家族に迷惑をかけていると自覚しているので、普段から自分が居なくなってしまったほうが良いのではないかと悩んでいる場合があります。 そういった気持ちが募っていくとうつ病が悪化してしまう可能性があるため、適度に心をほぐしてあげることが大切です。 家族なら相手に嫌がられない程度のコミュニケーションを取る、友人なら自虐や自傷行為をあからさまに咎めてはいけません。 特に自傷行為は心の痛みを和らげるために行っている場合が多いので止めるのは逆効果です。 付き合っている相手がうつ病なら、心の拠り所になって自分に依存させてあげましょう。 ですが、これは無制限に甘やかす接し方を推奨しているわけではありません。 そして、どのような関係にしても、接し方は相手の尊厳を傷つけないことが大切です。